進撃のキノコバエ!不快害虫が大量発生!有効な対策方法まとめ!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ここ数年で日本中を騒がせているコバエのキノコバエ(チビクロキノコバエ、クロバネキノコバエ)が今年(2013年度)も大量発生しました。


※微妙にグロいので画像は縮小させます。苦手な方は開かないように。

チビクロキノコバエのコロコロ

動画↓
キノコバエ大量発生の瞬間!

発生期間は7月半ば~9月20日頃まで。
朝5時~10時の間に発生して大量の死骸を毎日作ることを毎日繰り返します。
部屋の壁に白い紙を置いて撮影。部屋は密室。
クローゼットの中から湧いているわけでは­ありません。
壁と天井と床のフローリングのわずかな通気口から沸いています。
天井や床下に何かの腐食物や動物の死骸があるわけではありません。
家だけでなく市町村単位で被害に悩まされてい­ます。

2014年度の戦い
大量発生!極小のクロバネキノコバエ駆除対策の方法!

改めて特徴をまとめておきます。


●特徴


・大きさは0.5mm~2mm程度(黒ゴマ程度)
・水分を適度に含んだ腐葉土などのある場所(野山、畑、植木鉢等)から発生。
※その発生源が広すぎて特定は不可能。なので地域を限定して田畑や山林に駆除剤を散布しても無意味になる可能性大。
・多くは地面から湧くように這ってやってくる。飛んで入ってくるのは比較的に少ない。(感覚的に地面70%、飛翔30%。)
※コバエポットンなどの設置型の「飛ぶハエ用」の対策はほぼ無意味。
・早朝の7時~10時に大量発生する。(7~8時頃が最も多い)
・成虫の寿命は4時間程度。大量に湧いて、半日のうちに大量に死んで、こぶし大くらいの死骸の山を残す。それを毎日繰り返す。
・網戸どころか、窓・ドアを施錠しても、壁のわずかな穴や隙間や部屋の繋ぎ目からさえ大量に入ってくる。
・床の畳はもちろんフローリングからも0.5mm以下の目には見えないような通風口を貫通して湧くように入ってくる。
・天井の穴からも降るように落ちてくる。(しかし床下からよりは少ない。)


●公的な被害確認事例

・静岡県熱海市では平成19年に大量発生
・愛知県豊橋市やでは平成22年、23年に大量発生
・広島県広島市では平成22年、23年に大量発生(被害により給食センターが閉鎖)
・愛知県岡崎市では平成23年に大量発生
・京都府宇治市では平成23年に大量発生
・岐阜県多治見市・御嵩町・富加町・川辺町・八百津町、愛知県豊田市では平成23年、24年、25年に大量発(被害により一部給食センターが閉鎖)


発生規模が大規模のために保健所や役場側から被害の勧告があったものはこれだけですが、おそらく実際は更に多くあるはずです。


市町村レベルで問題になるほど大規模発生ではなく数件で発生している、あるいは公的な給食センターのみならず一部の飲食店等で潜在的に問題になっていたりもすると思います。(現に私の地元がそうだからです)


●現状での有効な対策方法まとめ

____________________________________________________________________________

梅雨明けした早朝の7時~10時の晴れた涼しい時間に大量発生するので、その時期・時間を狙って対策すること。


◎【対策】クロバネキノコバエが大量発生!駆除対策する!【駆除・殺虫】(2012年度の戦い)
http://aikansyheiwa.blog21.fc2.com/blog-entry-1196.html

のように薬を家の周囲に巻いておくだけでわりと違う。駆除剤→ http://p.tl/c759


換気扇やクーラーからも入ってくるので7時頃~10時頃にあまりつけないこと。

「明るい・白い」ところに集まるので、電気を消し、カーテンを閉めていた方が良い。

窓枠・天井・床など発生する場所には「黒っぽい紙やボードあるいはシートと、ガムテープで目張り」すること。

サキュレーターの風で部屋の隅の一ヶ所に誘導させることが可能(発生時間に事前に起動しておく)、そこにハエ取り紙やハエ取り棒の設置  サキュレーター→ http://p.tl/MKwX

____________________________________________________________________________



去年は↓以下のような記事を書き、周辺宅と比較して被害を最小限に食い止められました。

【対策】クロバネキノコバエが大量発生!駆除対策する!【駆除・殺虫】
http://aikansyheiwa.blog21.fc2.com/blog-entry-1196.html


実はこの「キノコバエ」は、あまり世界で約2400種が記録されていますが、未記載種を含めると10000種もいます


つまり
「生態がまだ未知」であり、「研究者もほとんどいない」のです。


よって
対策方法が全くないのです。

しかも「害虫」ではなく「不快害虫」なので「無害」扱いされ、行政レベルで対策することはありません。


しかし「無害」と言えども、人間の生活環境に入り込んで勝手に屋内を汚し、更に衣服や身体にまとわりつき、洗濯や食品を台無しにしてくれる行為は許されるものではありません。

共存のためには、すぐ国に頼らず、人間個々人が知恵をしぼって対策していかなくてはいけません。


今年は私も、去年よりも知恵をしぼって「撲滅」することは無理でも、「被害を去年より最小限に食い止める」ことに邁進しました。

7月入った時点ですでに警戒し、事前に駆除対策(↓)で家の周囲に薬を巻き、

【対策】クロバネキノコバエが大量発生!駆除対策する!【駆除・殺虫】
http://aikansyheiwa.blog21.fc2.com/blog-entry-1196.html




研究のために、顕微鏡も購入しました。

Kenko 顕微鏡 Do・Nature 顕微鏡 コンパクト携帯型 STV-40M


最安価で高性能な顕微鏡!STV-40Mコンパクト!


そして「サキュレーター」と呼ばれる小型の扇風機も設置しました。通常の扇風機よりも局所的に強烈な風を吹き当てることができます。
【Amazon.co.jp限定】 ZEPEAL ゼピール サーキュレーター ホワイト DKS-20W



※会社などで自動ドアびっしりや、窓びっしりなど発生規模が大きい場合の工場扇を使いましょう。



やはり今年も7月13日あたりからポツポツと発生しだしました。去年と全く同じ期間で、活動時間も朝7時頃きっかりです。

ポツポツ出はじめた頃から、最も多く集まる部屋の隅や天井に紙とガムテープで「目張り」しました。
天井目張り目張り1目張り3mebari2.jpg


ただ、同時にいろいろな反省点も浮かび上がって来ました。先にまとめておきます。


今年、私が新しくキノコバエの特徴について発見したのは以下の通りです。

キノコバエは「明るい・白い」ものに集まってくる
・電気を点けていて、カーテンを開けている場合、それぞれにおいて発生数が2倍くらい増えた。電気は消してカーテンは閉めておくのが良い。
・「白い壁・白い場所」など明るい色に多く集まろうとする


目張りは有効
・ガムテープ+紙でもいいが、黒めなボード+ガムテープか、範囲が広い場合はシートをガムテープで貼るのもよさそう。
・今回、白い紙で目張りをしてしまった私は失敗だった。


風に弱い
・体重が軽すぎるコバエなのでサキュレーターで一ヶ所に集中させて、ハエ取り棒やハエ取り紙を設置するのが良いです。



集まる場所の部屋の隅のモノは避ける
・なるべく部屋の隅にはモノを避けておきましょう。


○家の東・北東側からやってくる?
・これは今の自宅の東と北東側に山と田畑があるからなのかもしれませんが、家の中心からこの方位に集中する感じがあります。


○たまに発生が少ない日がある
・温度か湿度のバランスなのかもしれませんが、増えたり減ったりします。
・前日の雨上がりで翌日から「晴れていて涼しい日」が最も湧きやすいです。
・逆に雨が激しすぎる、雷雨を伴うような日は発生が少ないです。



次に現状での発生日記をまとめておきます。


ポツポツと発生しだしたのが7月13日。

翌日からはほぼ大量発生していきました。


毎日「コロコロ」で掃除しました。



しかし「ちり取りでこぶし大」集まっていた去年のことを考えると、

「コロコロ」の掃除だけ(紙1枚分)で終わっているのが成果です。掃除機は登場してません。


記録のとれた写真だけ掲載します。

結果を書くと、
正確な発生期間は7月13日~9月20日頃までの、約60日間でした。(途中、8月6日~8月15日まで発生中断期間あり、24日~26日も発生しなかったが、それ以降、9月20日頃までまた発生しだす。)

去年の発生期間とほぼ同じです。およそ2ヶ月間は発生します。

気温・湿度に対しての相関関係は不明でした。

寒くなると発生しないのは確実ですが、同じ暑い環境下でも数日間だけ発生が減少した期間があったためです。


誰もこのような長期的な経過をまとめていないので、まとめておきます

衛生的に不衛生な画像に思われるかもしれませんが、後学のために必要な資料として了承し、ご利用ください。

以下の画像は、毎日、部屋の全く同じ位置を1匹残らず正確にコロコロした経過です。

※微妙にグロいので画像は縮小させます。苦手な方は開かないように。


7月13日~7月16日
ポツポツと発生しだしたので、目張りを行う。



7月17日
いよいよ増えだしたかという感じ
2013年7月17日キノコバエ2013年7月17日



7月18日
かなりピーク
2013年7月18日キノコバエ



7月19日
撮影忘れ



7月20日
若干、少なくなる
2013年7月20日



7月21日
また増える

2013年7月21日


7月22日
撮影忘れ



7月23日
少し減る

2013年7月23日



7月24日
また増える

2013年7月24日


7月25日
50匹程度になる

2013年7月25日


7月26日

2013年7月26日


7月27日

2013年7月27日


7月28日

2013年7月28日

7月29日
30匹程度になる

2013年7月29日

7月30日

2013年7月30日

7月31日





8月1日
10匹程度になる

2013年8月1日

8月2日
以下、同じくらいで続き、8月6日頃にはほとんど発生しなくなる。

2013年8月2日


8月16日、また発生しだす。


2ヶ月間は発生することを想定していたほうがよさそうです。



●現状での有効な対策方法まとめ

____________________________________________________________________________

梅雨明けした早朝の7時~10時の晴れた涼しい時間に大量発生するので、その時期・時間を狙って対策すること。


◎【対策】クロバネキノコバエが大量発生!駆除対策する!【駆除・殺虫】
http://aikansyheiwa.blog21.fc2.com/blog-entry-1196.html

のように薬を家の周囲に巻いておくだけでわりと違う。駆除剤→ http://p.tl/c759


換気扇やクーラーからも入ってくるので7時頃~10時頃にあまりつけないこと。

「明るい・白い」ところに集まるので、電気を消し、カーテンを閉めていた方が良い。

窓枠・天井・床など発生する場所には「黒っぽい紙やボードあるいはシートと、ガムテープで目張り」すること。

サキュレーターの風で部屋の隅の一ヶ所に誘導させることが可能(発生時間に事前に起動しておく)、そこにハエ取り紙やハエ取り棒の設置  サキュレーター→ http://p.tl/MKwX

____________________________________________________________________________

みなさまのお役に立てれば幸いに存じ上げます。

2014年度の戦い
大量発生!極小のクロバネキノコバエ駆除対策の方法!
関連記事

テーマ : 生活・暮らしに役立つ情報
ジャンル : ライフ



Google+

コメントの投稿

Secret

今年も。

長年にわたるクロバネキノコバエ対策、いつも頭の下がる思いで記事を拝見しております。今年もこちらの記事のリンクを貼らせていただきましたのでご報告させていただきますね!!

リンクのお願い

多治見の滝呂地区からお邪魔しています。
本当に毎年悩まされるコバエですが、こんなに研究されてるなんて感動しました。対策ページをmixiへリンクさせていただきたくて足跡のこします。
よろしくお願いします。
今日は久しぶりに大量に出て、まだ続いていることに凹んでます。

Re: リンクのお願い

> とーまさん

ありがとうございます。恐縮です!

どうぞ拡散して頂いて何らかの参考にして頂ければ幸いに存じ上げます。

本当にこのハエは凹んでしましますよね・・・。
その気持ち、御察しします。
進撃を受けた人だけが分かる苦しみですね・・・(汗)

去年よりも今年の発生期間は長いと思います。

まだまだ未知の生命体ですが、発生に何らかの法則性があるはずなので今後も研究していけたらと思います。

No title

クロバネキノコバエで検索して来ました 今現在この時間帯で私の部屋で凄い大量発生しています
時間帯はバラバラなんですかね 窓みたらすごいいっぱいです

勉強になりました

福岡に住んでおりますが、三日前から大量発生していて非常に困っていました。
表面的な虫の説明だけでなく、ご経験に基づいた具体的な対策方法に 感激しました。

参考にさせていただきます。

愛知県瀬戸市より

一昨年あたりの梅雨どきに大量発生し拝見させて頂いたのですが、2、3日で見なくなったため忘れておりました。
昨年もほとんど発生せず、今年、本日から再び大量に発生しました。

拝見した限り私のところは随分被害が軽度なのですが、、、髪の毛や体につくとこそばゆくて非常にイライラします。夏の間中戦っておられるなんて、頭が下がります。

対策方法は参考にさせて頂きました。ありがとうございます。
ちなみにウチの場合は、一階より二階の方が被害が大きいです。理由は分かっておりませんが。

Re: 愛知県瀬戸市より

こんにちは。
大変ですね・・。
日本家屋だと屋根の隙間から入ってくるので2階に湧くことがが多いようです。
4年周期での時期的な発生なので我慢するしか無いというのが悲しいですが・・。
時田憲一の今一瞬のオススメ本
✞今のあなたの波長に合った✞
心を支える本や音楽が表示されます
(本サイト)リバータリアン心理学
ブログ内で超人気の記事ランキング
相互リンク紹介ページ
FC2カウンター
時ニールの書いてる他ブログのリンク
FC2ブログランキング
ポチッと押すとこのブログが推されます。押して頂けると嬉しいです。
人気ブログランキングへ
最近のコメント
メールフォーム(何かあればこちらへどうぞ)

名前:
メール:
件名:
本文:

時田憲一のほしいものリスト
☆研究のために献本して頂けると嬉しいです☆
(住所・名前・送り先・口座等々はAmazonの個人情報セキュリティ管理によりお互いに公開されることはないので安心です)
プロフィール

時ニール

こんにちは!
時田憲一(ときたけんいち)こと
時ニール(tokeyneale)です。 
(・ω・)ノ
Twitter/mixi/facebook/google+/はてなも同じ)

公式サイトできました!
リバータリアン心理学研究所↓
http://libpsy.com/
心理学専攻カウンセラー(24歳)。
名古屋大学/教育学部/心理発達科学。たまに大学院にいる。人格心理学・認知心理学・発達心理学の臨床・社会的な自己愛・対人関係論が主な研究領域。
※ページは全てリンクフリーです。お気軽ご自由にどうぞ。

(姉妹サイト)ネット衆善奉行
現在のピックアップ記事
他ブログでの超人気記事ランキング
ブログ内検索
カテゴリ別の個別記事
最近の記事
QRコード
QRコード
ブログランキング各種
ブロマガ購読者数

現在0人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
ブログパーツ