時ニール 2010-10-20 のつぶやき

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

  1. パリの凱旋門。パリはどこに行っても建造物がでかい。平均寿命33歳くらいの時代に200年規模で正確な数式と力学で建造する発想が凄い。サクラ大戦3を勧めてくれた人、ありがとう。凱旋門にリボルバーカノンなんてついてなかったよ・・・。
  2. 掃除機カー。パリにはゴミ箱はあるが、基本的に路上にゴミを捨てるのでゴミだらけになる。この緑色の掃除機カーが通るとゴミを吸い取ってきれいになる。凄い勢いで空気を吸ってる。
  3. パリで徳川昭武(将軍・徳川慶喜の異母弟)がパリ万国博覧会 (1867年)を見に来たときに見た風景。そりゃビビるわ。基本的にパリの建造物の1階より上は1000年以上前から変わっていない風景も多い。
  4. UNESCO(ユネスコ)のパリ本部。(あ・・本当は人類の優生学の研究を目的としてるなんて言えないな・・)
  5. あまり知られていないが、実はパリには日本幕末期の長州藩の大砲がある。馬関戦争でフランス海軍の陸戦隊が下関にあった長州藩の砲台を占領し、戦利品として持ち去ったもの。パリのアンヴァリッドにある。青銅製。漢字で書かれて家紋も彫ってある。
  6. 心を支える心 時ニール 2010-10-19 のつぶやき http://aikansyheiwa.blog21.fc2.com/blog-entry-228.html
  7. 帰国後3日で風邪引いたなう。現在寝込んでるなう。
  8. 熱でフラフラするし、咳は止まらないし、鼻水で息できないし・・もうひどい・・。これが海外旅行で気を張っていた疲れか・・。
  9. 海外に行って気付いたことは、(申し訳ないが)日本は簡易的な懲罰刑務所と同じだと言うこと。集団主義の中で、下書きされた人生を、決められた時間にキッチリ動いて労働して死んでいくなんて刑務所と同じ。自分が無自覚にも刑務所にいることに日本人自身も気づいていないという情けなさ。
  10. EUに行って悟ったのは、日本は国際的に見ても、海外という羊飼いに飼い慣らされた羊たちが、家畜として飼い主に労働して都合よく利用されてお金を貢いでいる国でしかないということ。一見、自由に見えるがそれは囲われた羊の放牧区内だけ。中にいる羊たちはそれに気付いていなかった。
  11. 日本で起こってることなんて国際的にはどうだって良い。日本は日本人が思っているほど注目されている国でもなかった。フランスに行ってそれは肌で感じた。実際、日本人には重要な報道は伝えず、安いエサ(国際的にどうでも良いマスコミの嘘情報)を与えて遊ばれてるのだと分かった。
  12. パリでピカソやサルトルやフーコーなどの哲学者や芸術家のカフェを回り、千年前の建造物を見た。そこで感じたのは彼らが考えるスパンは、日本人のように「~歳までに~しなければならない」という自分の短絡的な年齢で人生を見ず、数千年規模の歴史スパンの中で自分の人生観を構築することの大切さ。
  13. 欧州に行って、日本人はあまりに年齢や過去の成績や世間体に囚われ過ぎていると感じた。はっきり言って日本人の気にする年齢や成績なんてどうでもいいのだ。欧州人は、何歳であろうとも、どんなに惨(みじ)めであろうとも、自分の人生を謳歌することに重きを置く。それが人間本来の姿だと感じた。
  14. 私も文化に対して日本の影響力は凄いと思いました!リトアニアではクイズミリオネアや欽ちゃんの仮装大賞のパクり番組やってましたし、フランスでもCMごとにサムライ服の外人が出たりしてました。あと日本のモラル・治安は確実に良いですね(´ω`)。RT@umigiriyuki 日本にもすば
  15. 日本国は本当に無期懲役の懲罰刑務所なのだと悟ってから、ものすごい嫌悪感と抵抗感を感じるようになった。今まで教育という場でも学歴成績という偽エサに安っぽい偽教育を植え付けられ国の手先の公務員教師に大きくペテンにかけられていたのだ。
  16. 病院の待合室なう。NHKテレビで家族葬が人気という特集がやっているが、私のフィルターを通せば創価学会の葬儀法の促販番組にしか見えない。どう見ても学会員とか出てる。
  17. 葬儀は人間として大切な儀式なので必要だ(当事者が断る場合や葬儀法について希望がある場合はそれを尊重すべき)とは思うが、日本の葬儀屋は死を利用して儲け主義に走りすぎだ。
  18. 名古屋市北区に本館を持ち、東海三県各地に会館のある葬儀会社ティアのように、葬儀代は従来の半額か三分の一で、当事者や親族の要望に応じて葬儀するのが一番いい。固定された葬儀利権で儲けている他の葬儀屋もティアのように価格競争させてサービス向上させた方がいい。
  19. 私の知っている人で、億単位の大金持ちの夫婦だったが、夫が死んでから妻は葬式に出費したくなかったのでダンボールに夫を入れて身内だけで勝手に葬儀した人がいた。
  20. 岐阜県御嵩町の地盤陥没のニュースが全国ネットでもやってる。御嵩町の地盤下には昔掘られた炭鉱路が通っている。だから陥没しやすく地価も安い。この炭鉱は在日朝鮮人によって掘られた。今でもその子孫が多く暮らしてる。苗字みれば分かる。だから御嵩町の生活保護率も高い。それは在日特権。
  21. そうですね!良心的な葬儀社様もお見受けしています。確かに地味な葬儀を嫌うという住民のニーズもありますね。RT@haruyukisuzuki 確かに..でも全ての葬儀社ではないですよ〜豪華さを求めたのは消費者でもあると..
  22. ですよね。冠婚葬祭の中で葬が一番突発性が高いので、遺族の側も事前に準備できておければ最善なのでしょうけど難しいところですね。RT@umigiriyuki 5千円の棺を10万円で売るようなケースもあるらしい。遺族は取り乱しているし、考えている時間もないから、たいてい言いなり。
  23. まさにそうですね!世界一のケチのヘティ・グリーンですねw億万長者なのに夫の死体をダンボールに詰めて勝手に葬った私の知人は、狂気の沙汰だと思いました。結局、何の因果かその妻は息子も孫も若くして死別して相手もなく孤独になりました。RT@1306topix ウォール街の魔女思い出した
  24. フランス旅行の写真を再開。ルーブル美術館から。教科書では見る機会のないミロのヴィーナスの後ろ姿。
  25. ミロのヴィーナス正面。黄金比1:1.618の美を追求した完璧な設計。この比率は植物の枝葉や芽が自然に成長する時の形でもある。日本人は数学的な正確性しか見ないが欧米人はこの絶対数学に神学的な神を見る。この感覚が日本人には分からない。
  26. 黄金比とはなにか http://gakuen.gifu-net.ed.jp/~contents/museum/golden/page62.html
  27. 神学(=哲学=数学=論理学)には大きく神の啓示1本派と2本派がある。2本派は神の啓示に加えて「自然の創造」も神はしたと考える。三位一体を信じる派であり、主に濃ゆいカトリックである。だから欧州の昔の知識人は自然植物から数学的(絶対答えは一つ)に神を見出そうとした。
  28. 日本人は「理数系」なんて数学と理科を一緒にするという国際的に本気で失笑されるほど馬鹿なことをした(今もしている)。絶対的な神学(数学=哲学=論理学)に対しているのが、サイエンス(社会科学&自然科学=理科・化学・物理学・医学・生物学・社会学・心理学・経済学)だ。全くの正反対だ。
  29. 理科(自然科学・社会科学)自体が、神学(数学=哲学=論理学)に対して不完全であることは前提。完全帰納法や演繹法は数学的(神学的)な方法で神の存在証明目的。理科はそもそも神の存在を否定する目的の不完全帰納法。最初から不完全なのに、理科の実験が絶対と信仰する日本人は特に馬鹿。
  30. この辺りはリベラル・アーツという国際水準でのワールドバリューと、腐敗したキリスト教カトリックに対して神より自然を重視する(=摂理:人間の理性も含まれる)の啓蒙思想が立ち上がり、従来の自然法から自然権へと進化した歴史を知る必要がある。日本人は偽教育を洗脳されるのでこれは知らない。
  31. ぶっちゃけ中世でキリスト教カトリックが腐敗するまで絶対的だった「数学」(神学=哲学=論理学:どれも矛盾なく答えは1つという教科)に対して、啓蒙思想(人間理性絶対主義)でフランス革命などの後に発展したのが「理科」(社会科学・自然科学)である。数学と理科は正反対で対立する。
  32. そして90年代に入ってからゲーデルやチャイティンなどの不完全性定理により、数学の絶対性が否定され完全に神が死んだ。今は世界中の大学を探しても「数学科」なんて無い。近年やっと国際的リベラルアーツな学問統合で、量子力学に存在論が求められるようになった。この話は長くなるので機会を改める
  33. マジです。90年代に不完全性定理で神は死んだので数学科は消えました。残っているのは濃ゆいキリスト教系です。説明を省きましたが学問統合で数学はリンク先のような生き残り方をしました。RT@AtsuoShitade マジで? e.g. http://www-math.mit.edu/
  34. 啓蒙思想が出てくる革命以前は神が絶対だったので、それが嫌われていました。それで出てきたのが啓蒙思想です。90年代に入ってから不完全性定理により神の絶対性はなくなりました。RT@windymelt 要するに神が絶対って言いたいわけか
  35. 初めて知りました!教えてくださってありがとうございます!RT@manaryupapa いい響きです。アメリカの画家、ノーマンロックウェルの絵画を思い出す。
  36. 馬鹿にされているから嫌なのではなく、fact(事実)として偽(False)だからです。個人の意見(opinion)として間違い(wrong)と思うなんてそんな可愛げなレベルでは無いです。はっきりと偽だからです。RT@BORI_so1 そんなに欧米人に馬鹿にされるのが嫌か
  37. 「絶対」とは神を存在証明する数学のみに使われる言葉で、理科に「絶対」はありません。全て「不完全」です。90年代以降、実験的再現性ではなく理論的検証性を論じる学問になりました。RT@albert_tw 理科にとって実験が絶対でないなら、理科とは何を基準に論じる学問なの?
  38. 私もそう思います。極めて鋭い洞察に感服しました。統計は不完全ですが科学の決断に必要だったのだと思います。RT@n0rr カール・ポパーの科学で決断をするために統計が必要なので理数系になったのでは?問題は理系と文系を分け、他方の教養の習得を放棄させる基盤を作ったことだと思います。
  39. いえいえ(´ω`) Twitterだと短い文章のため顔文字などが使えず、表現が伝わりにくいことが多いのでいつもポップ音楽な気分で書き込んでいるので大丈夫です。御丁寧にありがとうございます。安心しました。RT@BORI_so1 先ほど荒い口調でコメントして申し訳ありませんでした。
  40. 苫米地氏に限らず、いろんな人の本を差別なく数百冊規模で読みまくってますw 書き込む時にどの本からかの情報が合成されて引き出されて書き込まれます。お許しくださいm(-_-)m RT@BORI_so1 あなたもしや、苫米地英人さんの本をお読みになさっているでしょう?
  41. ルーブル美術館の勝利の女神サモトラケのニケ。実物は3mくらいあって更に3mくらいの船の土台の上に乗せられていた。紀元前3世紀頃の彫刻だが、発見された断片を組み合わせても頭や腕がない。古代の謎や神秘の多い彫刻。http://t.co/zzpsId6
  42. 御報告ありがとうございます。まだ日本に残っている所があったんですね!日本だからこそというべきでしょうか。世界では残っておらず理科系に統合しているので数年後にはなくなりますね。RT@ti9wa 「数学科」ありましたよhttp://www.rkmath.rikkyo.ac.jp/
  43. なるほどΣ(´Д`;) それはありますね!お寺も江戸の檀家制の前のように共同供養塔にしてほしいと思います。RT@haruyukisuzuki 今の葬儀は、今頃ですがバブルの時のイケイケの時代の名残りではないかと思う時があります。原点回帰をする時なのかなと思っています。
  44. モナリザ前。すごい人だかり。入場券買ってでもルーブル内でスリする人はいつもいる。放送でスリが3人発生とアナウンスがあった。(会館2時間後)ルーブルは気分次第でその日、開館するか決める。バーゲンセールのように人を押しのけてモナリザを見る。http://t.co/ypTMzVh

Powered by t2b

関連記事


Google+

コメントの投稿

Secret

時田憲一の今一瞬のオススメ本
✞今のあなたの波長に合った✞
心を支える本や音楽が表示されます
(本サイト)リバータリアン心理学
ブログ内で超人気の記事ランキング
相互リンク紹介ページ
FC2カウンター
時ニールの書いてる他ブログのリンク
FC2ブログランキング
ポチッと押すとこのブログが推されます。押して頂けると嬉しいです。
人気ブログランキングへ
最近のコメント
メールフォーム(何かあればこちらへどうぞ)

名前:
メール:
件名:
本文:

時田憲一のほしいものリスト
☆研究のために献本して頂けると嬉しいです☆
(住所・名前・送り先・口座等々はAmazonの個人情報セキュリティ管理によりお互いに公開されることはないので安心です)
プロフィール

時ニール

こんにちは!
時田憲一(ときたけんいち)こと
時ニール(tokeyneale)です。 
(・ω・)ノ
Twitter/mixi/facebook/google+/はてなも同じ)

公式サイトできました!
リバータリアン心理学研究所↓
http://libpsy.com/
心理学専攻カウンセラー(24歳)。
名古屋大学/教育学部/心理発達科学。たまに大学院にいる。人格心理学・認知心理学・発達心理学の臨床・社会的な自己愛・対人関係論が主な研究領域。
※ページは全てリンクフリーです。お気軽ご自由にどうぞ。

(姉妹サイト)ネット衆善奉行
現在のピックアップ記事
他ブログでの超人気記事ランキング
ブログ内検索
カテゴリ別の個別記事
最近の記事
QRコード
QRコード
ブログランキング各種
ブロマガ購読者数

現在0人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
ブログパーツ