fc2ブログ

エス(動物的本能)の中にあるもの

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログを始めた2007年頃に、下記の動画を見て、

EGO
http://nicoviewer.net/sm832351

↓このような記事を書きました。

EGO(アニメーションから見る心の3構造と、生と死の葛藤)
http://aikansyheiwa.blog21.fc2.com/blog-entry-24.html

(転載はじめ)
______________________________________________________________________________________

「1:超自我」はルール、道徳観、倫理感、自己の規制、防衛機制など、簡単に言うと
「=親や周囲などの環境から教えられたしつけ」を指す。

「3:エス」は感情、欲求、衝動など、簡単に言うと
「=動物的本能」を指す。

このように超自我とエスは両極端にある。

この2つを真ん中で仲介して管理しているのが「2:自我(エゴ)」である。
言わば、超自我とエスを中間で管理するコントロールセンターである。

(ちなみに利己主義であるエゴイズムや、自己愛性やジャイアニズムとはここでは意味が違う)

そして「3:エス」である動物的本能の中では
エロスとタナトスの2つがある。
エロスは種族繁栄などの「生への本能」で、タナトスは自殺願望など破滅的な「死への本能」である。
エロスが生きたい愛したい、タナトスは死にたいと叫んでいる。
エロスのこのエネルギーを「リビドー」と呼び、タナトスのこのエネルギーを「アグレッション(攻撃性)」と呼ぶ。

______________________________________________________________________________________
(転載終わり)

上述したように、あくまで概念的な話ですが、エスという動物的本能(食欲・性欲・睡眠欲など)の中の根源的なエネルギーには「エロス(生)」「タナトス(死)」があると古典心理学では考えています。

「動物的本能」とは、突き詰めれば「生きるか死ぬか」ということで、それが動力源となって、リビドーアグレッションというエネルギーで、食欲や性欲や睡眠欲など、避けられない欲求が出ていると考えます。

あくまで概念的な話ですが、そう言われてきました。


おすすめ本
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス
ジャンル : 心と身体



Google+

コメントの投稿

Secret

時田憲一の今一瞬のオススメ本
✞今のあなたの波長に合った✞
心を支える本や音楽が表示されます
(本サイト)リバータリアン心理学
相互リンク紹介ページ
FC2カウンター
時ニールの書いてる他ブログのリンク
FC2ブログランキング
ポチッと押すとこのブログが推されます。押して頂けると嬉しいです。
人気ブログランキングへ
最近のコメント
メールフォーム(何かあればこちらへどうぞ)

名前:
メール:
件名:
本文:

時田憲一のほしいものリスト
☆研究のために献本して頂けると嬉しいです☆
(住所・名前・送り先・口座等々はAmazonの個人情報セキュリティ管理によりお互いに公開されることはないので安心です)
プロフィール

時ニール

心の安全が第一. Psychologist/Counselor/OPE Palliative Nurse/LPi 経営者CEO/Invest.国立大学/教育学/心理学→医学/看護学→総合病院。自己愛研究/医療統計。心理、医療職。心理/医療/経済の話題。

当サイトはプロモーションが含まれています。内容は公平さを心がけています。

(姉妹サイト)ネット衆善奉行
現在のピックアップ記事
ブログ内検索
カテゴリ別の個別記事
最近の記事
QRコード
QRコード
ブログランキング各種
ブロマガ購読者数

現在0人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
ブログパーツ